苦手な青汁を克服|青汁を購入するなら他社と比較しよう|健康の守護神
老人男性

青汁を購入するなら他社と比較しよう|健康の守護神

苦手な青汁を克服

男女

水だけで作れる味わい

野菜酵素・果物酵素によって体の中から健康美を意識できるフルーツ青汁は、女性に人気の高いダイエット食品にもなっています。通常、青汁の主原料はケール・大麦若葉・桑の葉などですが、フルーツ青汁が選ばれ続ける理由には割材も挙げられています。粉末タイプの青汁が主流でしたが、栄養価の高い野菜は苦味も強いことから、牛乳やフルーツジュースなどに溶かして摂取する飲み方が勧められていました。しかしながらフルーツ青汁は、水に溶かして作るのが特徴で、果物からの甘味によるカロリーセーブが期待されています。水だけで作れる利点はもちろん、最近では甘味料にも着目し、天然食材となるラカンカが含まれ、人工甘味料不使用も人気を集めている理由になっています。

糖質制限での選び方の特徴

フルーツ青汁は体重の減量を目的としたダイエットには適していますが、体脂肪などの皮下脂肪の燃焼には運動との組み合わせが必要です。青汁は1日コップ1杯で健康維持、改善を期待できる健康食品として選ばれています。緑黄色野菜は栄養価に優れているものの、苦味や青臭さなどによって、口が受けつけなくなる難点も指摘されています。果物をプラスすることで甘味が加わり、癖が少なくなり、飲みやすさに繋がります。生の果物は太りにくいものの、砂糖を入れたジュースに加工されることで糖分が青汁に加わります。100%のフルーツジュースも同様で、生で食べるよりも糖分を過剰摂取してしまいます。糖質の摂取を減らせることで、体は自然に脂肪をエネルギーとして分解してくれるのが特徴です。フルーツ青汁には糖質の低い緑黄色野菜も豊富で、さらにフルーツの種類も柑橘系やベリー系が配合されたタイプを選ぶなど、健康美を意識した選び方が大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加